Benoit Moerlen(ブノア・ムーラン) with SPROCKET 7月3日(日)江古田Buddy ライヴレポート

Benoit Moerlen(ブノア・ムーラン)
with SPROCKET
7月3日(日)
江古田Buddy


benoit moerlen 2011
≪メンバー≫
ブノア・ムーラン(marimba,el-vibe,per)
SPROCKET:
菅野詩郎(dr/KBB)
中島洋隆(b)
林隆史(g/QUI)
河崎今日子(vln)


という訳で、行ってまいりました。ピエール・ムーランズ・ゴング~GONGZILLAのマリンバ/ヴィブラフォン奏者:ブノア・ムーランが、初のソロ・アルバム『ロッキン・ローラー』リリースを期に単身来日。日本のミュージシャンと共演する、アコースティック&エレクトリック企画ライヴが行われました。7月1日(金)にセシオン杉並で行われたアコースティック・ショウ(上野信一&フォニックス・レフレクション)の方は残念ながら観られなかったのですが、プログレ/ジャズ・ロック的には目玉の、エレクトリック・ショウには立ち会う事が出来ました。この日は、ブノアの為に特別に編成されたバンド「SPROCKET」との共演。KBBのドラマーである菅野詩郎氏をはじめ、ベース、ギター、ヴァイオリンという4人編成でしたが、当初参加予定だった平田聡氏(g/FLAT 122、エレクトリック・アストゥーリアス)に代わって、急遽QUIの林隆史氏がステージに上がっていました(会場の外で見かけたときは、てっきりお客さんで来ているのかと思ってしまいました…失礼)。場内は、予想以上の客入りで、150~200人位?のキャパが満席、立ち見も出ていましたが、プログレTシャツを着込んだオジさん層(筆者含む)主体で、やはりムーランズ・ゴング以来のリスナーが集結していた印象ですね。

たっぷり30分押し(笑)でスタートしたライヴは、途中に約15分のインターバルを挟んだ二部構成。オープニングの、アイサツ一発的な"Camel"及び"Mezzanine" "Bad Habits"(タバコが吸える会場で良かった、とか?スモーカーらしいジョークをブノアが言っていました)といったGONGZILLAナンバーを含む第一部は、ハイライトとしても、ムーランズ・ゴングの名曲"Crosscurrents"も飛び出しました。第二部は全て新作からの楽曲で、第一部の数曲と合わせて、アルバムの全曲がプレイされる形となっていました。マイク・オールドフィールド風のミニマル色から、"Camel Ride"などのアラビアン/エスニック風味、世界の子供たちに捧ぐ(CDでも子どもの声が入っていました)"Tikami"のハートフルなムードまで、ゴングジラというよりもムーランズ・ゴングの延長上にある、想像以上にしっかりと?ジャズ・ロックしていた『ロッキン・ローラー』の楽曲を、じっくりと味わう事ができました。

日本側のSPROCKETの演奏は、正直危なっかしいところも散見されたものの、あくまでセッション的な急造バンドであることを考えれば、十分健闘していたと思います。いつもよりも、ドッスンドッスンとした音色(フロアタムをティンパニーのように用いたりも)で、パーカッシヴなサウンドを支えた菅野氏のドラムと、ソロ回しの随所でホールズワースを想起させる?速弾きで魅せた林氏のギターは、特に光っていました(ベースとヴァイオリンは余り目立たず、せっかくのヴァイオリンがリードを取る場面が少なかったのは残念でしたが…。)そして、ステージ向かって右半分を占拠した、主役のブノアは快調そのもの。横向きにセッティングされたマリンバと、正面に向いたMIDIヴァイヴ(だと思います。タンネルズのマーク・ワグノンばりに?シンセ/オルガン音など様々な音を出していました)を忙しく行き来しながら、華麗なスティックさばきを披露してくれました。小柄だけど筋肉質な体から、次々と繰り出されるプレイは、改めて得難い個性。ムーランズ・ゴング系の正統派曲?"In The Black Forest"でのコロコロしたマリンバなど、矢張り素晴らしかったです。アンコールの、ラテン定番曲"Tequila"(マンボ系の、例のアレ)に至る事には、特にニコニコと楽しそうにプレイしていたブノアに乗せられて、場内もハッピーな空気が溢れていました。兄ピエール亡き今、ムーランズ・ゴングの後継者筆頭たるに相応しい、大充実の約2時間でした。

レアなコンサートを実現して下さった、Usakuma Recordsさんをはじめ、POSEIDONさん、そして出演者の皆様、ありがとうございました&お疲れさまでした!ブノアの新作『ロッキン・ローラー』は、ワールド・ディスクでも好評発売中につき、ご興味のある方は、是非ともお見逃しなく!


≪セットリスト≫

【1st Set】
1. Camel
2. Mezzanine
3. It Came Out Of The Blue
4. Say No More
5. Bad Habits
6. Akimbo
7. Crosscurrents

【2nd Set】
8. Wasabi Time
9. Camel Ride
10. In The Black Forest
11. Tikami
12. Grin And Bear It
13. Rocking Roller

【Encore】
14. Oye Como Va
15. Tequilla
プロフィール

店長 中島俊也

Author:店長 中島俊也
★WORLD DISQUE店長の中島です。
御来店の際はぜひお声を掛けて下さい。おススメの1枚からマニアックな話題まで、お気軽にどうぞ!!

Twitterでも
最新情報がチェックできます!
https://twitter.com/WORLD_DISQUE

■ABOUT WORLD DISQUE■
当店は全世界屈指の品揃えのユーロ・ロック、プログレッシヴ・ロックの専門店です。新品から中古まで、CD/DVDも豊富な品揃えで皆さんをお待ちしています。ほとんどの商品を試聴できます!!

ADDRESS:〒161-0033
東京都新宿区下落合3-1-17
メゾン目白102

TEL:03-3954-5348 (店頭)
TEL:03-3954-4897 (通販専用)  
FAX:03-3954-9563 (共通)

■営業時間■
店舗と通信販売の営業時間帯、定休日が異なりますので、御注意ください。

<店舗>
月、水~土 
13:00~20:00

日・祝
13:00~19:00

火曜定休日
(祝日が火曜の場合は営業)

<通信販売>
月~金 
11:00~17:00

土・日・祝日定休日

詳しくはここもしくは、カテゴリ内「WORLD DISQUEとは」をご覧下さい。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード