「Twin Guitar Between USA and JAPAN」(ジェフ・コールマン/菰口雄矢/長谷川浩二/渋谷有希子) 11月30日(火) 秋葉原CLUB GOODMAN ライヴレポート

twin guitar between usa and japan「Twin Guitar Between USA and JAPAN」
11月30日(火)
秋葉原CLUB GOODMAN


というわけで、行ってまいりました。久々の&FORESTさん企画は、日米シュレッド・ギタリスト対決。COSMOSQUADで、こちら筋でもお馴染みのジェフ・コールマン(g)と、Tri-Offensiveで鮮烈な登場を果たした新世代の俊英:菰口(こもぐち)雄矢(g)のツイン・ギターに、ExhiVisionや筋肉少女帯のサポートで活躍中の長谷川浩二(dr)、プロフェッショナルなセッション系プレイヤーの渋谷(しぶたに)有希子(b)という強豪リズム隊を迎えた4ピースによるステージ。私メの予想としては、ある程度、それぞれがギター・トリオで演って、その後2人でギターバトルを…という感じかと思っていたんですが、さにあらず。全編4人が出ずっぱりで、ジェフ・コールマン提供の楽曲を中心にプレイするという形でした。ジェフが参加している、チャド・スミス(dr)らとのジャム・インスト系バンド:BOMBASTIC MEATBATSのアルバム『Meets The Meatbats』(実は昨年8月に&FORESTよりリリース済。チェックしてませんでした。スミマセン…)からの曲が約半数を占めた、存外ブルージー&アメリカンな、ロック系ギター・インストの一夜となりました。会場には、立ち見を含めて、70~80人は入っていたでしょうか。定刻から約10分後に、ステージに4人が登場。左に菰口氏、右にジェフ、中央後ろに長谷川氏で、その左横に渋谷女史、という立ち位置。曲を日本側がもらったのが直前(前日?)だったとのことで、ジェフ以外は3人とも譜面ありでしたが、まず問題無く、どころか十二分にパワフルなアンサンブルで、全く違和感がなかったのは流石でしたね。ジェフ・ベックからの影響も感じさせる、速弾きからメロディックなトーンまで、レスポール&ストラト使用で自在のプレイを展開するジェフは、この日も元気一杯。COSMOSQUADでのライヴと同様、スキあらば客席をアオり、ステージ左手へ移動しては菰口氏と絡んでツイン・リードや掛け合いをたっぷり披露、長谷川氏ともアイ・コンタクトをとったりと、やはり主役でした。ヘヴィ・フュージョン的イメージも強い彼ですが、ZZ TOPのカヴァー(!?)では、ハスキーでイイ声のヴォーカルも披露するなど、「アメリカンだな~」と実感させてくれました。タッピングやペグ回しも含めて、多彩な技巧も健在で、短髪オヤジ的なルックスに反して(笑)若々しいパフォーマンスでグイグイとステージを引っ張っていました。一方で、ジェフも「彼にはエモーションがあるんだ、素晴らしいプレイヤーで心強いよ!」的MCで絶賛の新世代シュレッダー菰口氏も負けじと、随所で存在感をアピール。ムチャクチャ巧くて、何でも弾ける、だけじゃなくて、ジェフも言う通り、スピードにエモーションと表現力が加わっているのが、菰口氏の大きな強み。ジェフ氏に比べると、ロック系ルーツでありつつも、より流麗でメロディアスなジャズ/フュージョン系の色が感じられるプレイで、イイ感じのバランスになっていました。Tri-Offensiveのライヴでも感じましたが、改めて、逸材ギタリストです。曲自体がジェフのものだったため、多少サポートに回った感はあったものの、ソロの掛け合いなど、フレキシブルな対応力もあって、ジェフもそうですけど、ゼニの取れる充実のプレイぶりは、見事でしたね~。そんな二人の張り合いを支えた、リズム隊のパワーも特筆モノ。ExhiVisionでも知られる長谷川氏の、変拍子も交えつつドカドカと切り込むドラミング、そして5弦ベースを携えた渋谷女史の、ズ太い手数プレイは、ヘヴィ・ブルーズ調から疾走アッパー系まで、ダイナミックな音世界を展開してくれました。渋谷女史のプレイは初めて観ましたが、ミニスカ&ブーツのガーリーな衣装に似合わぬ(?)アグレッシヴなもので、拍手。ジェフの英語MCに、日本側の(英語がしゃべれない)メンバーがツッコミ(「ホメてくれたんだよね?」とか)を入れていく、という少々珍しい?場面を挟みながら、本編全11曲、堂々の90分強。アンコールでは、ジェフがヴォーカルもとる、ジミ・ヘンドリックス"Fire"のカヴァーがプレイされ、大いに盛り上がって幕となりました。全体に、いわゆるプログレ・フュージョンというよりも、ギター・ロック・ジャム的だったのは確かですが、日米ツイン・ギターの両雄を存分に味わえた、非常に楽しいライヴでした!ということで、出演者の皆様、そして企画・制作の&FORESTさんに、ありがとうございました!&お疲れさまでした!
プロフィール

店長 中島俊也

Author:店長 中島俊也
★WORLD DISQUE店長の中島です。
御来店の際はぜひお声を掛けて下さい。おススメの1枚からマニアックな話題まで、お気軽にどうぞ!!

Twitterでも
最新情報がチェックできます!
https://twitter.com/WORLD_DISQUE

■ABOUT WORLD DISQUE■
当店は全世界屈指の品揃えのユーロ・ロック、プログレッシヴ・ロックの専門店です。新品から中古まで、CD/DVDも豊富な品揃えで皆さんをお待ちしています。ほとんどの商品を試聴できます!!

ADDRESS:〒161-0033
東京都新宿区下落合3-1-17
メゾン目白102

TEL:03-3954-5348 (店頭)
TEL:03-3954-4897 (通販専用)  
FAX:03-3954-9563 (共通)

■営業時間■
店舗と通信販売の営業時間帯、定休日が異なりますので、御注意ください。

<店舗>
月、水~土 
13:00~20:00

日・祝
13:00~19:00

火曜定休日
(祝日が火曜の場合は営業)

<通信販売>
月~金 
11:00~17:00

土・日・祝日定休日

詳しくはここもしくは、カテゴリ内「WORLD DISQUEとは」をご覧下さい。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード