STICK MEN Japan Tour 2010 6月11日(金) STB 139 ライヴレポート

STICK MEN
Japan Tour 2010
6月11日(金) STB 139


stick men(久々に)実は行っていたのです。御存知トニー・レヴィン(Stick Bass)と、パット・マステロット(dr)のキングクリムゾン組?に、マイケル・ベルニエ(Stick Bass)が加わった、ダブル・スティック+ドラムスという変則トリオ:スティック・メンの1stアルバム『Soup』(当店入荷中)レコ発ツアーの最終日。事情により少々出遅れてしまいまして(スミマセン)、場内に入ったら、既に1曲目とおぼしき"Indiscipline"(!)がプレイされておりました。ビックリしている間もなく「I Like It!」でシメ。向かって左からベルニエ、マステロット、レヴィンと並んだ3人の、黒系の服でキメた姿はなかなかの見栄えでしたが、音のデカさと、それでいて分離とバランスの良い出音に驚かされました。今回はMCの聞き取りも限界がありまして、セットリストは作れませんでしたが、前半はアルバム『Soup』からの"Sasquatch" "Scalet Wheel"はじめ、インプロヴィゼイションを交えて7曲ほどプレイ。基本的にはベルニエがギター風のパート担当で、スティック独特の音色のギター・トリオ的なイメージでしたが、その役割がレヴィンと入れ替わったり、上物とベースラインを一人で同時に出したり…と、特殊楽器ならではの「どこをどう出しているんだろう?」という面白さで、ステージにクギ付けでありました。レヴィンがヴォーカル(というか、半ばトーキング&シャウト・ヴォイス)をとる場面も存外多く、セッション・マンとしての顔の奥の、実はアヴァン/ハードコア対応な面も興味深かったですね。ベルニエのヴォーカルは、エイドリアン・ブリューというよりはデヴィッド・シルヴィアン調。アルバムの「ディシプリン系の現在」すなわち80年代クリムゾンのアップデート…という印象以上に、70年代あるいは90年代~ヌーヴォ・メタル期のキングクリムゾンのヘヴィな部分を継承している、かなり硬派な内容でありました。レヴィンの、スキンヘッド&グラサンに、例の股割スタイルでの演奏姿は、いつも以上にカッコ良かったですし、パフパフならぬ、ピーピー鳴るミニ・キューピー人形的?鳴り物も出してくるマステロットも、ブラやんというよりジェイミー・ミューア化して?大熱演。ミニマル/ノイズ風のインプロヴィゼイションも迫力十分で、スティックゆえの、トリオとは思えない厚みと広がりが味わえました。

休憩を挟んで、前半でも使われた、弓弾きによるヴァイオリン風の演奏から後半スタート。ほとんどスラッシュ/ハードコアなドカドカ曲(!)から、レヴィンの「指はめ・バチ(?)」も登場してのインプロへ。そして、"Supercar Ride(?)"では、ベルニエの弦が切れるというトラブルもありましたが、逆に、スティックの弦張り替えやチューニングを観れてラッキー(?)でした。場つなぎのマステロットのMCはスベリ気味でしたが(笑)。本編ラスト前には、ある意味予想外でありつつも納得の"Red"が来ました!重低音パートの凄味が利いていましたし、個人的には、この曲の実は要と思っているシンバル・ワークを再現しつつも増幅したマステロットが素晴らしかったですね。そして本編ラストには、アルバムでもハイライトとなっていた"Firebird Suite"。このトリオの特性と魅力が凝縮された、ダイナミックな演奏は圧巻でした。

そんなこんなで、アンコールを含め実質2時間たっぷりの演奏を大いに楽しませていただきました。なかなか再起動しない?某御大の動きを横目に見つつ、まずはレヴィン&マステロットの刺激的な冒険がスタートした、というわけです。クリムゾン一家のマニアのみならず、技巧派メタリック・サウンド、そして特殊楽器&編成(?)好きの方は、ぜひアルバム『Soup』をチェックしてみてください。まずは、レヴィン&マステロットの本気っぷりがビンビン伝わってくる、大充実のライヴだったと思います。

……余談ながら、たまたま私とスレ違ったときに、私メの着ていたIRON MAIDENのTシャツにツッ込みを入れ、舌を出しながらメロイック・サインを作ったマステロットさん、お茶目でした(笑)
プロフィール

店長 中島俊也

Author:店長 中島俊也
★WORLD DISQUE店長の中島です。
御来店の際はぜひお声を掛けて下さい。おススメの1枚からマニアックな話題まで、お気軽にどうぞ!!

Twitterでも
最新情報がチェックできます!
https://twitter.com/WORLD_DISQUE

■ABOUT WORLD DISQUE■
当店は全世界屈指の品揃えのユーロ・ロック、プログレッシヴ・ロックの専門店です。新品から中古まで、CD/DVDも豊富な品揃えで皆さんをお待ちしています。ほとんどの商品を試聴できます!!

ADDRESS:〒161-0033
東京都新宿区下落合3-1-17
メゾン目白102

TEL:03-3954-5348 (店頭)
TEL:03-3954-4897 (通販専用)  
FAX:03-3954-9563 (共通)

■営業時間■
店舗と通信販売の営業時間帯、定休日が異なりますので、御注意ください。

<店舗>
月、水~土 
13:00~20:00

日・祝
13:00~19:00

火曜定休日
(祝日が火曜の場合は営業)

<通信販売>
月~金 
11:00~17:00

土・日・祝日定休日

詳しくはここもしくは、カテゴリ内「WORLD DISQUEとは」をご覧下さい。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード