fc2ブログ

【当店にて配布開始】 号外 ストレンジ・デイズ 第3号

【当店にて配布開始】
号外SD3小

号外 ストレンジ・デイズ 第3号

リカリッシュ・カルテット / 遊佐未森 インタヴュー
PINK FLOYD (Disc Review) 他 


八つ折りフルカラー・リーフレット 無料 

当店にて配布開始!

【チケット発売についてのお知らせ】これは凄い! 超強力7バンド出演フェス! 必見としか! Fushigi Rock Festival

【チケット発売のお知らせ】これは凄い! 超強力7バンド出演フェス! 必見としか!
Fushigi Rock Festival
Fushigi Fes 新画像 (2)

出演:金属恵比須、曇ヶ原、バスクのスポーツ、Evraak、烏頭、Gama、水中スピカ
開催日:12月10日(土) 秋葉原 Club Goodman



チケット販売遂に開始!9/3 19:00より
総勢7バンド集結、出入自由
来場者にはDVD+不思議音楽館plus(冊子)プレゼント。こんなフェス、他にはないゾ!


09/03(土)19:00〜
秋葉原Club Goodman特設ページより
チケット販売開始

https://club.goodman2020.com/events/7309

前売り ¥4,500 + 当日ワンドリンク
要チェックです。


※当店での前売りチケットの取り扱いはございません。ご了承下さい。

ProgTokyo 2022 Autumn開催です!10月7日(金) ~ 10/10(月・祝)

ProgTokyo 2022 Autumn開催です!
Prog Tokyo 秋表小

●●●日程/出演アーティスト●●●

10月7日(金)
Alsciaukat
TUKTUK
Tsuda+Terasawa+Aramaki

10月8日(土)
Holy Light
是巨人 (Korekyojin)
Akiko’s Cosmo Space

10月9日(日)
デキゴコロ (DekiGocolo)
Mitaraphina (ミタラフィーナ)
ACB(K)

10月10日(月祝)
Akiba Tatsu Project
Gama
Romanesco

会場:シルバーエレファント


チケット予約:9月4日(日)20:00~
シルバーエレファント予約フォームにて


各日程ツイキャスにてライブ配信もあります

シルバーエレファントSilver Elephant
0422-22-3331
silverelephant@dream.com
http://silver-elephant.com/progre.html


●●●詳細情報●●●

■10月7日(金) 出演:Alsciaukat, TUKTUK, Tsuda+Terasawa+Aramaki

開場:18:30 / 開演:19:00
チケット:
 前¥4,000 (+1ドリンク¥500)
 当¥4,500 (+1ドリンク¥500)
ライブ配信:
 料金¥3,000 (リンクはシルバーエレファントwebに後日掲載)


Alsciaukat
Alsciaukat 秋小

プログレアイドルXOXO EXTRMEMのバックバンドとして2019年にスタート。
2022年に1stアルバム「A New Myth」をリリース。
林隆史: guitar 瀬戸尚幸: bass
吉田一夫: flute 谷本朋翼: drums

TUKTUK
TUKTUK 小

ロバート・フリップ&リーグ・オブ・クラフティ・ギタリスツのメンバーによるデュオ。
2台のギターが奏でる研ぎ澄まされた叙情と情熱。

松浦眞九郎(G)、秦野文均(G)

Tsuda+Terasawa+Aramaki
TTA 小

津田治彦(G)、寺澤香織(Voice)、荒牧隆子(G)によるユニット。ギター2本とボイスが時に交錯し時に絡み合う。予定調和を迎えるならば、それは操作された偶然か。結果はあなたの観察により変わる。


■10月8日(土) 出演:Holy Light, 是巨人 (Korekyojin), Akiko’s Cosmo Space

開場:16:30 / 開演:17:00
チケット:
 前¥4,500 (+1ドリンク¥500)
 当¥5,000 (+1ドリンク¥500)
ライブ配信:
 料金¥3,500 (リンクはシルバーエレファントwebに後日掲載)


Holy Light
Holy Light 小

現モダンチョキチョキズのリーダーYuzi Brian 絵野が率いる関西発のシンフォニック・ジャズ・ロックバンド。「生と死・人間と命」をテーマにした音世界が繰り広げられる。

是巨人 Korekyojinn
是巨人 小

複雑怪奇かつグルーヴィーな楽曲を圧倒的なテクニックで突き進む驚愕のポリリズミック・アンサンブル。高円寺百景のギター小金丸慧がベーシストとして新加入。高速ユニゾン及び緻密で過激さを増したアンサンブルは必見!

Akiko's Cosmo Space
ACS 秋小

ARS NOVAのドラマーAKIKOの宇宙ロックプロジェクト!コスモスウィーティー星特有の、ポップな宇宙語に潜む超絶変拍子のクレイジーな世界!今回はカトラトゥラーナ星から廣池敦氏(スティック)を迎えて、更なるミラクルワールドへ!


■10/9(日) 出演:デキゴコロ (DekiGocolo), Mitaraphina (ミタラフィーナ), ACB(K)

開場:16:30 / 開演:17:00
チケット:
 前¥5,000 (+1ドリンク¥500)
 当¥5,500 (+1ドリンク¥500)
ライブ配信:
 料金¥4,000 (リンクはシルバーエレファントwebに後日掲載)


デキゴコロ DekiGocolo
デキゴコロ 小

浪漫座の裏アカバンド。非プログレ宣言をしたら、いきなりこのイベントに呼ばれた!。非プログレですが、メロトロンやB.ペダルも使用して、暗く陰鬱なポップスを演奏します。

Mitaraphina ミタラフィーナ
Mitaraphina 小

2000年代に未藍千紗の参加したストレンジPOPユニットTitaniaの楽曲を Gt.Raphy Key.田中隆司 により大胆かつプログレッシブにアレンジ。リメイクを超え唯一無二の大曲として復活!Dr.菅野詩郎の参加により鮮やかに進化する。

ACB(K)
ACBK 小

「ザ・プログレ」「シンフォニックな楽曲」「圧倒的な演奏力」「もはやミュージカル」「ポジティブなプログレ=ポジグレ」(お客様評)。1stアルバム「シブリングズ」もご好評発売中。会場限定BOXセットもあり。


■10/10(月祝) 出演:Akiba Tatsu Project, Gama, Romanesco

開場:17:30 / 開演:18:00
チケット:
 前¥4,000 (+1ドリンク¥500)
 当¥4,500 (+1ドリンク¥500)
ライブ配信:
 料金¥3,000 (リンクはシルバーエレファントwebに後日掲載)


Akiba Tatsu Project
秋葉 龍 小

アルバム“Swans Dance, Roses Bloom Like Mad”でデビューし突如日本プログレ界に現れたコンポーザー・マルチプレイヤーの秋葉龍がバンドを従えて登場。60年代サイケと70年代プログレをルーツとし多様なスタイルを昇華させたオリジナリティ溢れる楽曲が光る。

Gama
GAMA 秋小

2018年5月結成。
The Beatlesを筆頭に、プログレ/サイケ/ハードロックなどの60、70年代サウンドを主な音楽的背景とする。
流行音楽には左右されないGama独自のサウンドを追求し、ギターロックの新境地を目指す。

Romanesco ロマネスコ
ロマネスコ小

金属恵比須・Damian Hamada's Creaturesのミヤジマケンイチを中心に2010年に始動した英国式アートロックバンド。これまでに2作品リリース。須田慎吾「ラムネ時代」制作を機に、9年ぶりにライヴバンドとしてリニューアル再結成。

【注目フェス決定】 新未来派 (Nuovo Futurismo) ~ 現代音楽とロックの今(State of contemporary usic and Rock)~ 10/30 (日) GARDEN 新木場 FACTORY

【注目ライヴ決定】

新未来派 (Nuovo Futurismo)
~ 現代音楽とロックの今(State of contemporary music and Rock)~

新未来派 フライヤー表小

クラシック、現代音楽、ジャズ、ヴォードヴィル、アヴァンギャルド、プログレ、中世音楽、ザッパ、マグマ、ヒナステラ、スクリャービン、クリムゾン、タルカス、原子心母、サージェント・ペパーズ、反対派、シェーンベルグ、ベリオ、実験音楽、PFM、DADA、ルイジ・ルッソロ、メロトロン、ピアソラ etc…
現代音楽とロック・ミュージックのインターコースが生み出す最先端(プログレッシヴ)のライヴ。

【出演】
・渋さ知らズオーケストラ
・アトム・ハーツ・クラブ・アンサンブル
(N響のメンバーによる)
・黒田亜樹 with 神田佳子
・Anna Hardy & The Lunatic Spells
・高円寺百景
・プラスチック・ドッグス


【公演日】
・2022年10月30日(日) 12:00開場/13:00開演(19:00終演予定・途中休憩あり)

【会場】GARDEN新木場 FACTORY 〒136-0082 東京都江東区新木場2-8-2
※新木場駅(JR/りんかい線/有楽町線)より徒歩16分


【問い合わせ】株式会社GARDEN(gar-den.in/) / daysoff(daysoff.populr.me/)

【チケット】前売り7000円/当日7500円(全席指定/税込価格)
※ドリンク代別途500円要。


※チケットは2022年8月13日(土)より、イー・プラス、チケットぴあ、ローソンチケット、LIVE POCKET、ワールド・ディスク、ディスクユニオン〈新宿プログレッシヴ・ロック館、新宿ロックレコードストア、御茶ノ水駅前店、ROCK in TOKTO(渋谷)、横浜関内店、千葉店〉等で発売。

【主催】株式会社GARDEN 【企画】合同会社sounds good /プロデュース : 岩本晃市郎
【協力】ディスクユニオン、株式会社ジャパン・アーツ、ワールド・ディスク、カケハシ・レコード、ガーデン・シェッド、ヌーヴェルヌ・レコード、ベルウッド・レコード、daysoff、株式会社レイヤード

※コロナ感染症対策のため、入場者の制限のあるライヴとなっております。感染症対策には万全を期しておりますが、公演はやむを得ず中止になる場合があります。また出演者が変更となる場合もあります。公演中止以外でのチケットの払い戻しは出来かねる旨も併せて予めご了承ください。入場時には消毒とマスク着用をお願いしています。

新未来派 フライヤー裏小

出演アーティスト解説

渋さ知らズオーケストラ
 1989年9月、不破大輔を中心に第1回目のライヴを行う。フリージャズをベースにした大所帯バンドだが、オーケストラ編成だけでなく、中・小編成でも活動する。芝居の音楽伴奏が出発点となったこともあり、演劇的感覚が強く、ジャズ、ロック、歌謡曲など様々な要素が混在する。ミュージシャン、舞踏家、ダンサー、パフォーマー、映像などによって構成され、同時多発的な「イベント」が連続し、観客を熱狂させていく様は祝祭的なバンドと評される。国内外の大型フェスティバルで高い評価を受け、これまでに数度の長期欧州ツアーも行っている。また、自らテントを建て「天幕渋さ」と呼ぶ公演も開催。これは渋さ知らズがバンドであると同時に、「場」であることを示していて、芸能のラディカリズムを意識したものである。www.shibusa.net


アトム・ハーツ・クラブ・アンサンブル(N響のメンバーによる)
 2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」などの音楽を担当し、根岸太郎監督作品『ヴィヨンの妻?桜桃とタンポポ』で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した作曲家、吉松隆。彼が作曲した「(ドクター・タルカスズ・)アトム・ハーツ・クラブ組曲」を演奏するためにNHK交響楽団の14人のメンバーによって結成されたのがこのアンサンブルだ。同曲は “ビートルズの『サージェント・ペパーズ?』、ピンク・フロイドの『原子心母』、EL&Pの『タルカス』を足して、鉄腕アトムの10万馬力でシェイクした音楽を目指す…” というコンセプトを聞くだけでも非常に興味深いが、それを14人編成の弦楽団で演奏するという今回のライヴはまさに貴重だ。ロックと現代音楽の進化を知るうえでも重要かつ意義のあるステージとなること間違いなしだ。


高円寺百景
 高円寺百景は1991年に吉田達也(ds, vo)を中心に結成され、以降メンバー・チェンジを繰り返しながらもバンドとしての形態は現在まで存続している。ファースト・アルバムは94年にリリースした『高円寺百景』で、これまでに計5枚のアルバムを発表している。現メンバーは吉田の他に、坂本健吾(b, vo)、小森慶子(sax, clt)、矢吹卓(key)、AH/工藤亜紀(vo)、小金丸慧(g, vo)。吉田はルインズ、是巨人らのユニットでも知られるシーンの重鎮で、ジャズ・ミュージシャンとのセッションも多い。サウンドは変幻自在で、ジャズ、プログレッシヴ・ロック、即興音楽、チェンバー・ロックなど、実験性の強い音楽性を得意としている。特にフランスのマグマの影響が強く、異星人的ヴォーカルが強い印象を残す。


プラスチック・ドッグス
 名古屋を拠点に活動する4人編成のプログレッシヴ・メタル・バンド。小埜涼子(sax)を中心に結成され、メンバーは他に武藤祐志 (Grind-g)、林剛史 (Heavy-g)、上ヱ地宏太(ds)。2019年10月にファースト・アルバム『GROWL』をリリースすると、二人のグラインド・ギターの切り込むようなサウンド、爆発寸前のサックス、全力疾走するドラムスが繰り出す変拍子が話題となる。2021年にはセカンド・アルバム『IVERT』を発表し前作に劣らないアグレッシヴなサウンドを聴かせてくれた。結成直後から続くベースレスの編成も健在で、エモーショナルな楽曲はファンを増やし続けている。小埜は『Undine』(2012)、『Alternate Flash Heads』(2015)などのソロ・アルバムも発表している。

黒田亜樹 with 神田佳子
 黒田亜樹(ピアノ)Aki Kuroda : 東京藝大卒、伊ペスカーラ音楽院修了。内外の現代音楽演奏会にて初演多数。パルマのレッジョ劇場でキース・エマーソンの代表作「タルカス」を蘇演、CD『タルカス&展覧会の絵』はロック・ファンの間でも話題となった。卓越した技術と鋭い感性によるアヴァンギャルドなステージは現代音楽/ロックの最先端。ミラノ在住、東京現音計画メンバー。
 神田佳子(打楽器) Yoshiko Kanda : 東京藝大卒、同大学院修了。独ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会で奨学生賞を受賞。国内外での演奏の他、正倉院復元楽器の演奏やジャズミュージシャンとの共演等、時代やジャンルを超えた打楽器演奏の可能性にアプローチ。継続的な作曲活動の他、テレビ朝日「題名のない音楽会」等への出演と幅広く活躍。東京現音計画メンバー。

Anna hardy & The Lunatic Spells
 桐朋音楽大学作曲科在学中にソリスト・オーディションに合格してオーケストラと共演。ウィーン国立音楽大学の作曲科への留学を経て同大学を卒業。教会等でパイプ・オルガン奏者として活躍したのち2016年にはピアニストとしてMIZUKI da Fantasiaに参加し3枚のアルバムを残す。2020年に同グループの活動休止後ソロに転向。同年11月ファースト・アルバム『月の呪文、あるいは狂人の呟き』をリリースした。アルバムはクラシック、現代音楽、ロックの折衷を試みた野心作として高い評価を得、自身のバンド、ルナティック・スペルズとともに作り出すステージは、PFM、キング・クリムゾンらのDNAを継いだ正統的なプログレッシヴ・ロック・バンドとして海外でも話題となっている。


[ご予約開始および価格変更のお知らせ]EURO ROCK PRESSVol.94 8/31発売

[ご予約開始および価格変更のお知らせ]
EURO ROCK PRESSVol.94 8/31発売



紙代および印刷代の値上げに伴い、弊誌もやむなく、今号Vol.94より、

定価2,200円(本体 2,000円+税10%)

に価格を変更をすることになりました。

定期購読もVol.94からのお申し込みが

4冊分で8,800円(送料無料)

となります。大変申し訳ありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。


ERP 94 表紙小

EURO-ROCK PRESS (ユーロ・ロック・プレス)Vol.94
(Books/Marquee)(Japan'22)(税込¥2,200)

・Vol.94校了から数時間後なので、いつにも増して、ドイヒーな、例によって読点(、)の多い能書きです。
 表紙は、盟友2名の死を乗り越え、THE TRIPを再始動させた、WWEの筋肉魔人=ボビー・ラシュリーも真っ青な肉体派・フリオ・キリコ率いるFurio Chirico's THE TRIP。インタビューでは、THE TRIP加入の経緯、故ジョー・ヴェスコヴィとウェッグ・アンダーセンの思い出、さらには新バンド結成のいきさつなどを切子ちゃんが熱く語っています。
 久々のソロ・アルバムをリリースしたSPOCK'S BEARDの鍵盤奏者、亜米利加在住の奥本 亮のZoomインタビューでは、気さくな大阪のおっちゃんがアルバム参加の豪華ゲストなどについてしゃべり倒しています。
 9月の来日を控えるCARAVANのバンマス、パイ・ヘイスティングスは来日公演について、さらにあのライヴ・アルバムのみんな知ってる超有名な舞台裏のエピソードについて改めて語っています。当時、よほど頭にきたのでしょう。他には、もはやレギュラーと化して毎回のように登場しやがるハケちゃん、7月の感動の来日公演のライヴ・レポートも。
 おやじの佃煮のカラー・ページの中のオアシス、XOXO EXTREME、キスエクの1年振りのインタビューでは、シングル「Adelheid」に関する質問に、卒業した星野瞳々、再加入の小日向まおを含むメンバーが答えてくれています。
 さらに来日を控えたOSANNAとCLAUDIO SIMONETTI'S GOBLINのバンマス・インタビューは連載記事の「アニマ・イタリカ」の特別編で、アルフレード・ティゾッコ教授ほどは小難しくないバンドメイトのドネッラ・デル・モナコ女帝、ティム・フィンとのアルバム続編を出した、毎度おなじみフィル・マン先生、捨作(スティーヴン・ウィルソン)のマブダチのティム・ボウネス、マーキームーン/旧マーキー発行人、本誌初代編集長、GG研究所の博士=Chihiro S.のインタビューおよび、芸能生活20周年+2のイベント、Pagan Prog Fest 2022のライヴ・レポート、前編では怒っていたサイモン・スティーンズランドのインタビュー後編、おそらく、ポンニチ媒体に初登場と思われるスペインのNEURONIUM(ミシェル・ハイゲン)のインタビュー、コロナ禍で1日だけの公演となった前回来日から約2年半振りのSTICK MENのライヴ・レポートも。おっと、やっさんこと、グレアム・ボネットを忘れるところでした。ALCATRAZZなのかGRAHAM BONNET BANDなのか、とにかく本誌インタビュー初登場です。
 新作発表を控える関西のALL IMAGES BLAZINGのインタビューでは、アルバムのマスタリングを担当したゴダイゴのスティーヴ・フォックス氏もZoomインタビューに参加してくれました。
 連載記事の「MAGMA On Tour」、コラムの「不気味の谷を越えて」、そして、他とは級数が違う、やたら字が小さい映画レビューも。
 そして今号は、ヴァンゲリス、アラン・ホワイト、バーバラ・トンプソン、ヴィットリオ・デ・スカルツィの追悼記事が4本です…。

ユーロ・ロック・プレス最新号Vol.94は、
8/31発売です


値上げですみません。
どうかひとつ。長~い目で。


≪Interviews≫
Furio Chirico (Furio Chirico's THE TRIP) / Pye Hastings (CARAVAN) / Ryo Okumoto / XOXO EXTREME / Lino Vairetti (OSANNA) / Claudio Simonetti's GOBLIN / Graham Bonnet / Donella Del Monaco / ALL IMAGES BLAZING / Simon Steensland / Michel Huygen (NEURONIUM) / Tim Bowness / Phil Manzanera / Chihiro S.

≪≪Live Report≫≫
Steve Hackett / STICK MEN

≪Features≫
MAGMA On Tour / Close Encounters of the... / Cinema Pick Up

≪≪R.I.P≫≫
VANGELIS / Alan White / Barbara Thompson / Vittorio De Scalzi

■通信販売でのお買い求めはこちらからどうぞ。
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=169729422

■定期購読につきましては、こちらからお申し込みください。
(2,200円×1年分(4冊)=8,800円) *送料無料
http://wdisque.shop-pro.jp/?pid=99179096

■バックナンバーのお求めはこちらからどうぞ。
http://wdisque.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1103007&sort=n






プロフィール

店長 中島俊也

Author:店長 中島俊也
★WORLD DISQUE店長の中島です。
御来店の際はぜひお声を掛けて下さい。おススメの1枚からマニアックな話題まで、お気軽にどうぞ!!

Twitterでも
最新情報がチェックできます!
https://twitter.com/WORLD_DISQUE

■ABOUT WORLD DISQUE■
当店は全世界屈指の品揃えのユーロ・ロック、プログレッシヴ・ロックの専門店です。新品から中古まで、CD/DVDも豊富な品揃えで皆さんをお待ちしています。ほとんどの商品を試聴できます!!

ADDRESS:〒161-0033
東京都新宿区下落合3-1-17
メゾン目白102

TEL:03-3954-5348 (店頭)
TEL:03-3954-4897 (通販)
FAX:03-3954-9563 (共通)
※通販の電話受付時間は平日の15時~18時までとなります。


■営業時間■
店舗と通信販売は営業時間帯、定休日が異なります。ご注意下さい。

<店舗>
■月、金、土曜日
13:00~20:00
■日曜日・祝日
13:00~19:00

※火、水、木曜日は定休日です
(祝日の場合は営業)。


<通信販売>
■月~金曜日 
15:00~18:00
※土・日・祝日は定休日です。

詳しくはここもしくは、カテゴリ内「WORLD DISQUEとは」をご覧下さい。

最新記事
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード