FC2ブログ

FANTASMAGORIA/PASSOVER(From Italy)/MARGARET MAGGIE 10月14日(木) 吉祥寺シルバーエレファント ライヴレポート

FANTASMAGORIA
PASSOVER(From Italy)
MARGARET MAGGIE

10月14日(木)
吉祥寺シルバーエレファント


というわけで、行ってまいりました。秋のマニアック来日シリーズ?@シル・エレということで、イタリアのユニークなシンフォニック・バンド:PASSOVERが何と来日。ユダヤ・フォーク/トラッドと、PINK FLOYD系叙情派サウンドを融合した作風で聴かせる彼らは、日本では無名ですが、実はイタリアはトリエステで例年行なわれているプログレッシヴ・フェスの主催者だとのことです(アヴァロンからDVDリリースされた、NEW TROLLSの『Concert Grosso Live』のアレが、同フェスでの演奏。野外会場でしたね)。そのフェスに今度出演するFANTASMAGORIAがホスト(前日はCICHLA TEMENSIS)となり、彼らと共演という、言わば交換来日という形な訳でした。この日は、ヴァイオリンフロントの新鋭バンド:MARGARET MAGGIEも登場して、充実の3バンド対バン・ライヴとなりました。同日、高円寺での高円寺百景のライヴとバッティングしてしまった為か、客入りは若干立ち見が出る程度でしたが、盛り上がりは十分感じられましたね!

≪MARGARET MAGGIE≫
Goa Natsuki(el-vln)
Tully Acts(g)
Frank Furtua(dr)


Margaret Maggieまず登場は、東京プログレッシヴ・シーン注目の若手3人組:マーガレット・マギー。若手と言っても随分と幅が広い(笑)この世界にあって、彼らは本当に若くて、全員20代前半という有望な男子(某メンバーは、ワールド・ディスクのご近所のG大学の学生さん!)左よりエレクトリック・ヴァイオリン、ドラムス、ギターの並びで、ベースレスな編成ですが、ベース・パートはオクターバーでカヴァー。元々はケルト/トラッド系の強いサウンドで。昨年より、よりソリッドなハード・プログレッシヴ・スタイルになっていったという彼ら。私メは初見でしたが、ほぼ定刻通りにスタートした演奏は、複雑なキメもカッチリとこなす、タイトかつパワフルなものでした。予想よりも、メタリックなFAIRPORT CONVENTION系というか、実はヴァイオリン担当氏はMESHUGGAH好きだったりするという、<プログレ・メタル以降>のセンスでのケルト・ロックといった趣が感じられました。ペダルも踏みまくって、広がりのあるヴァイオリン・ワーク、シンバル・ワークがマイク・ポートノイっぽくもあるドラムス、UNIVERS ZERO好きというだけに、暗黒/ヘヴィな面で活きてくるギター。現在リリースされているスタジオ録音のCD-R(VITALより発売中、当店にも入荷中)では、曲によってトラッド/クラシカル風味と、ヘヴィ・チェンバー寄りのところが分かれてしまっていた印象もあったのですが、そうした印象はライヴでは無い反面、曲毎の色付けはやや薄まっていたかもしれません。まだ音源も定着していませんし、インストな訳ですから、ちょっとしたことですでど、細かめにMCで曲名と、成り立ちなりイメージ的な事を入れてみるのも手ではないかと思いました。この日はメドレーの3曲を含む、全6曲。約35分と短めのセット。時にデヴィッド・クロス的な泣き、時に凶暴なダリル・ウェイ?なプレイを展開するヴァイオリンは、フロントとして十分魅力的。ケルト~エスノ・トラッド的な面で押していくと面白い、と私メは感じた次第です。ステージングにカタさはありましたが、演奏力は高いですし、音楽性の伸びしろの豊富さという点でも、今後の活動に注目&期待したいですね!

≪PASSOVER≫
Ellen Garfield(vo)
Davide Casali(el-b.cl.vo)
Alessandro Kolo Colombo(dr.vo)
Samuel Orlando(kbd.vo)
Eliana Cargnelutti(g)


passover sacrifice約15分のインターバルを経て、2番手でPASSOVERが登場。ユダヤの祭りの名から採ったというバンド名だけに、メンバーは全員ユダヤ系と思われ、女性リード・ヴォーカリストのみアメリカはボストン在住で、そちらから来日したようですが、リーダーは、作詩作曲も手がける ベース/クラリネットのダヴィデ・カサリのようで、ヒゲに帽子の、ちょっと僧っぽい?見てくれも含めて、ステージをリードしていました。この日、とりわけ目を引いた、ステージ左端の女性ギタリストはアルバムには参加しておらず、ステージのみのサポートのようでした。07年の1st『Passover』に続く、完成したばかりの2nd『Sacrifice』からの曲を中心に(ほぼ全曲)、正しくユダヤ・フォーク調のメロディと、PINK FLOYD系列の、ゆったり叙情的なシンフォニック・サウンドを活かした、どこかノスタルジックで、ほのぼのとした演奏を展開してくれました。ステージ上でインパクトを放ったのは、何というか…肝っ玉母さん的な、ゴイスー体型(失礼)の女性シンガー:エレン・ガーフィールドさん。実際のキャラも、おっかさん的優しさがあったとのことですが、オペラティックというわけでもなく、しかし朗々と、切々と歌う英語ヴォーカル(2ndには一部ヘブライ語の曲もありますが)の歌声は、印象に残るサビの数々("Sacrifice" "The Knife" "Why?"など)も相まって、コンパクトな歌物としてイイ感じを創出していましたよね。アコギの使用はなかったので、思ったほどフォーキーでもなかったんですが、時折入る泣きのピアノと、ここぞというところで炸裂するクレズマー風?クラリネットが、何とも言えない哀愁を感じさせました。たどたどしくも、"神秘"風のしゃがみエフェクトなども出して力演のギター。"ユージン"調やら"狂ったダイアモンド"調やら、オルガンからシンセまで、らしい音色のキーボードと、やはりフロイドの影響は明らか。いわゆるテクニック主義の視点で見れば、キビしいと言わざるを得ないですが、適度なヘタウマ感とキワモノ的味わいは、マニア好みのテイストに溢れていて十分魅力的でした。所々での激しい切り返しにはイタリアン・ロックらしさもありましたし。充実の8曲、約50分でした。ちなみに、当日会場で販売されていた2ndアルバム『Sacrifice』は、恐らくワールド・ディスクにも後々入荷すると思われますので、興味のある向きは是非チェックしてみて下さいませ。

≪FANTASMAGORIA≫
藤本美樹(vln)
尾崎淳平(g)
川越好博(サポートkbd)
上田哲也(b)
松尾啓史(dr)


fantasmagoria_day and nightそして、インターバルを挟んで20:55、本日のトリとして、東京が誇るヴァイオリン・プログレッシヴ・バンド、藤本美樹率いるファンタズマゴリアが登場。この日が加入後2回目のライヴだというドラマー:松尾啓史、プログレ・メタル系バンド「軌道共鳴」のメンバーでもある上田哲也(b)のリズム隊に、サポートキーボーディストとしてASTURIASの川越好博という、尾崎淳平以外は1stアルバム『Day And Night』レコーディング時とは異なるメンバーになっていますが。今や風格すら感じさせる、堂々たるアクトを展開してくれました。クラシックを下地としつつ、務めてソリッドに切り込み、時に優美なフレーズを繰り出す藤本女史のヴァイオリンを主役に、過不足ないバランスと、ヘヴィかつダイナミックなバンド・アンサンブルで迫る。クラシカル・ハード・プログレッシヴ的サウンドは、改めて高水準。おなじみ"Crusader"に始まり、1stアルバムのほぼ全曲を、たっぷり聴かせてくれたのでした。DREAM THEATER系らしく5弦のベース、ここぞでワイルドなキーボードプレイも聴いており、時にPLANET Xばりの部分や、JUDAS PRIEST"The Ripper"風のフレーズから、KING CRIMSON"太陽と戦慄 Pt.2"的に展開する"竜頭蛇尾"。ライヴのハイライトにもってこいの、感動的な楽曲"光降り注ぐ丘"など、とにかく曲が良いのですね。テクニックやプレイ自体の質も当然ながら、やはり単純に楽曲の良さというのが、こうしたライヴの場でも大事だよなー、と思った私メです。酔っ払いながらもとっていたメモを見返してみると、「KBBとASTURIASの中間?」「ヘドバン系プログレ?」「ヘヴィなOUTERLIMITS?」「メタリック岸倫仔?」とか何とか色々と書いてありましたが、結局のところ、全部ひっくるめて「FANTASMAGORIAの音」なんですよね。ホントに、しっかりと個性が確立されていますし、方向性も明確で。なんだかやたらと「メタリック」「ヘヴィ」という形容がメモの中にはあったんですけど、ライヴでは、スタジオ以上にそこが魅力として映ったわけです。フロントを引っ張り続ける藤本女史のヴァイオリン・プレイの質たるや、まさに世界クラスで、海外フェスでの人気も頷けます。ホスト的バンドとして、達者な英語MCでPASSOVERへの謝辞も交えつつ、藤本美樹ワールドを存分に味あわせてくれました。これまで何度も彼らのライヴは観ていますが、ベストに数えてもいいくらいの、集大成的とすら言える素晴らしい内容でした。

【セットリスト(FANTASMAGORIA)】
Crusader
Swift Eagle
Omoplatta
Into the Sea
竜頭蛇尾
The Sparrow
Traveling Space
光降り注ぐ丘
Epic

[Encore]
MNK

というわけで、FANTASMAGORIAさんはじめ、出演バンドの皆様、お疲れ様&ありがとうございました!とても楽しく、充実したライヴでした!!

絶頂期PFMの名演盤『Cook』エキスパンデッド・エディション、そのボーナス2枚組CDの内容をご紹介!これが完全版 『Cook』だ!

PFM
/Cook(Limited 3CD Edition)


pfm cook(3CD/ESOTERIC)(Italy'74)(税込\2730)

言わずと知れたPFMが残した、プログレッシヴ・ロック史上に残る最高のライヴ・アルバムのひとつ『Cook』。同アルバムには、74年に行った北米ツアー時のトロントとニューヨークでの演奏6曲(抜粋)が収録されております。今回登場したボックスが、本編のリマスター(CD-1)に加え、ボーナスとして、本編にも使用されていたニューヨーク/セントラル・パーク公演のフル・ステージ9曲が聴ける2枚組CD(CD-2&3)が加えられた、まさに衝撃的なもの。当然ながら、一部重複するトラックもありますが、当時のPFMの凄さを改めて見せつける大傑作!マストです!!


【ボーナスCDが凄い!いわば完全版『Cook』!】
DISC 2とDISC 3(計約87分)に渡り、本編でも使用された74年8月31日、ニューヨークシティ/セントラル・パーク公演のフル・ヴァージョンを収録!同一のテイクもありますが、マスターからの別リマスタリングで、全く見劣りしない音質の上、生々しさと迫力では優っているため、これが『Cook』完全版とすら言えます。

[Disc 2]44分15秒
①River Of Life(6:03)未発表トラック
いきなり初公開!オン・リズムのパートからの演奏ですが、もう涙モノ!

②Four Holes In The Ground(7:25)本編と同テイク
③Is My Face On Straight(17:31)本編未収録トラック
このテイク自体は、先行発表の2枚組ベスト盤で公開済みですが、それにしても目玉!後半、"幻の映像"のフレーズに移行し、ジャズ・ロック風のバトルに!

④Dove...Quando...(4:36)本編と同テイク
⑤Guitar Solo(3:34)本編と同テイク
⑥Just Look Away(5:00)本編と同テイク

[Disc 3]42分59秒
①Mr.Nine'till Five(5:23)本編と同テイク

②Alta Loma Five'till Nine~William Tell Overture(19:54)未発表トラック
構成は本編のテイクと非常に似ていますが、ドラムの入り方が異なり、ヴァイオリン・ソロが明らかに異なる(3分半もの長さ)ため、別テイクと思われます。PFMの真価を示す、圧巻のサウンド!これまた目玉です!!

③Celebtation~Drum Solo~The World Became The World(17:39)
本編と同一テイク(ドラム・ソロ部分は初出!)
実はラストがコレでした。本編と同一テイクですが、編集でカットされていた、チョッチョの長大なドラム・ソロ(約6分)もノーカットで収録したヴァージョンになっています!グレイト!!
プロフィール

店長 中島俊也

Author:店長 中島俊也
★WORLD DISQUE店長の中島です。
御来店の際はぜひお声を掛けて下さい。おススメの1枚からマニアックな話題まで、お気軽にどうぞ!!

Twitterでも
最新情報がチェックできます!
https://twitter.com/WORLD_DISQUE

■ABOUT WORLD DISQUE■
当店は全世界屈指の品揃えのユーロ・ロック、プログレッシヴ・ロックの専門店です。新品から中古まで、CD/DVDも豊富な品揃えで皆さんをお待ちしています。ほとんどの商品を試聴できます!!

ADDRESS:〒161-0033
東京都新宿区下落合3-1-17
メゾン目白102

TEL:03-3954-5348 (店頭)
TEL:03-3954-4897 (通販)
FAX:03-3954-9563 (共通)
※通販の電話受付時間は平日の15時~18時までとなります。


■営業時間■
店舗と通信販売は営業時間帯、定休日が異なります。ご注意下さい。

<店舗>
■月、金、土曜日
13:00~20:00
■日曜日・祝日
13:00~19:00

※火、水、木曜日は定休日です
(祝日の場合は営業)。


<通信販売>
■月~金曜日 
15:00~18:00
※土・日・祝日は定休日です。

詳しくはここもしくは、カテゴリ内「WORLD DISQUEとは」をご覧下さい。

最新記事
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード