FC2ブログ

RENAISSANCE「40th Anniversary Concert Tour」8月21日(土) 川崎クラブチッタ ライヴレポート

RENAISSANCE
「40th Anniversary Concert Tour」
8月21日(土) 川崎クラブチッタ


Renaissance_40thlive-.jpgというわけで、行ってまいりました。前日のスティーヴ・ハケット・バンド単独公演に続いて、クラブチッタで行なわれました、ルネッサンスの単独公演。オリジナル・ルネッサンスから数えて40周年ということで、アニー・ハズラムマイケル・ダンフォードを中心に復活し、昨年09年より北米ツアーをスタート、その流れで、01年以来、2度目となる来日公演が実現したわけです。長年のファンにとっては、有難くも得難い機会ゆえ、前売チケットは早々にソールド・アウト。まさにプレミアムなコンサートであり、満場のファンの期待に応える、見事な演奏を味わえる一夜となりました。まずは来日メンバーの確認を…と行きたいところですが、今回、ステージ上でまともなメンバー紹介が無かった為、消息筋からの情報を総合して(笑)、多分こんな感じのラインナップ…というころで記しておきます。もし間違いがあった場合は、お許し下さいませ。

Annie Haslam(lead vo)
Michael Dunford(ac-g.vo)
Rave Tesar(kbd)
Tom Brislin(kbd.vo)
John Arbo(b.vo)
Frank Pagano(dr.vo)


上記の通り、基本的には最新EP『The Mystic And The Muse』のレコーディングメンバーと同一なのですが、ベーシストがチェンジしており、Annie Haslam's Renaissance名義で出た『Blessing In Disguise』('94)に参加していた人物がコンバートしていたようです。レイヴ・テーザーは、01年来日時のメンバー、トム・ブリスリンは、YESのシンフォニック・ライヴ(オーケストラとの共演)でのサポートや、CAMELのフェアウェル・ツアーへの参加で注目を集めた実力派。ステージ上では、左右両脇にキーボード(向かって左がテーザー、右がブリスリン)がセッティングされ、フロントは意外なことに(?)ド真ん中にダンフォード、その左がアニー、右にジョン・アルボという形の立ち位置になっていました。

約10分押しで、場内暗転。"Prologue"から演奏がスタート。テーザーが主にピアノ音担当、ブリスリンはオーケストレーション&パーカッション音担当、と、ハッキリ役割分担されたツインキーボードは、鮮やかに機能。そして何より、出だしのスキャットから驚かされたのが、アニーの絶好調ぶり!ハッピー・ソングとしてアニーもお気に入りの"Carpet Of The Sun"の時点で、私メも含めた客席に笑顔が溢れていました。"Midas Man"もそうですが、ダンフォードがひたすらアコ・ギで、エレクトリック・ギター無しの編成ゆえ、クラシカル・ロックというより、根っこはフォーキーなバンドなんだよなあ、と再認識した次第です。そして前回の来日時にはプレイされなかった名曲"Running Hard"。テーザーによるピアノ・イントロダクションから、タイトな疾走アンサンブルへと展開。グラサン姿で、時折指揮の手振りを見せるテーザー(見てくれは、ちょっと昔のヴォルカー・クリーゲル風…って分かりづらい例えでスミマセン)の存在感は、ジョン・タウトの代わり以上に大きくなっていました。Renaissance Turn Of The Cardsそこから、コレは渋い!というかマニアックな選曲"Black Flame" "Things I Don't Understand"の2曲がプレイ。ある意味、この日は『Turn Of The Cards(運命のカード)』押しだったということでしょうか?まあ、考えてみれば、『Tuscany(トスカーナ)』は、どちらかと言えば80年代~90年代の延長感が強くて、01年時の来日時も、後期ナンバーやアニーのソロ曲を交えていましたけど、今回は、アニヴァーサリー/再現ノリで、ということゆえなのかもしれませんね。その辺りは、新曲主体だったハケットとは対照的ですが、コレはコレで、ルネッサンスの場合はアリでしょう(『Scheherazade And The Other Stories(シェラザード夜話)』のタイトル組曲とか演るとなると、そういうツアーが組めそうな感じですし…)。そしてコンサートは早くも佳境に、やはりこの曲は外せない、名曲中の名曲"Ocean Gypsy"は真に涙モノでしたね。RENAISSANCE the mystic and the muse new jacketそして実はハイライトとなったのが、ベル・アンティークより国内発売されました新作EP『The Mystic And The Muse』タイトル曲の演奏。楽曲自体が、まさにミステリアスなフレイヴァーを交えつつ、往年のルネッサンス・サウンドをそのまま再現したような秀曲な上、ライヴならではのパワーも相まって、素晴らしい出来でした。「今日会場で売ってます」的なアニーのMCの効果もあって?買いに走った方も多かったんじゃないでしょうか。〆には"Mother Russia"で本編終了、アッという間でした。アンコールには、これまた待ってました!の"Ashes Are Burning"!先週来日していたWISHBONE ASHのアンディ・パウエルの参加は流石にありませんでしたが(笑)、お約束のソロ回しも込みで、スタンディング状態の客席も、大盛り上がり。ベースソロは少々弱かったですが、遠目には故.ヒュー・ホッパーのように見えるアルボも奮闘、テクニック的には観せ場の無かったブリスリンが、ここぞとばかりにリック・ウェイクマンばりのモーグ系速弾を一瞬出していたのも印象的でしたね。ラストの、アニーによる"ばぁーにんーざ…(タメ)…ウェエエエ~イ♪"に至っては、もうただただ拍手するのみでした。全て終了して、インターバル無しで、実質1時間30分が経過していました。前日のハケットもそうでしたが、ちょっと物足りない、でも程良く満腹な絶妙のセットだったと思います。いやはや、やっぱり凄く良かったですよ。

全体としては、改めてアニーの好調ぶりが際立った一夜でした。ちょっと線が太くなりつつ、伸びとツヤを失っていない歌声が、全て持っていったといっても過言ではありません。ハッキリ言って、前回の01年来日時よりも声が出ていましたし、看板ヴォーカリストたりに相応しい見事なものでした。最大4名(テーザー以外の全員)になるコーラス・ワーク、ブリスリンの鮮やかなパーカッション音の表現も冴えていましたが、とにかくバンド全体がアニーの歌を支える、という感触。アニヴァーサリー・ライヴに見合った、「これぞルネッサンス!」という音世界が存分に味わえた素晴らしいコンサートだったと思います。こうなると、翌日の日比谷野外音楽堂でのフェスも俄然期待感が募るわけですが、そちらのレポートは改めて後日。前日のハケット同様、来日を実現させたクラブチッタさんはじめ、スタッフ/関係者の皆様に、そしてもちろんバンドに、大感謝です!!


≪セットリスト≫

1:Prologue
2:Carpet Of The Sun
3:Midas Man
4:Running Hard
5:Black Flame
6:Things I Don't Understand
7:Ocean Gypsy
8:The Mystic And The Muse
9:Mother Russia

【アンコール】
10:Ashes Are Burning

是巨人&DjamraのWレコ発ツーマンライヴが決定!11月28日(日)新宿たかのやにて!!

どら企画 細胞融合
是巨人&Djamra Wレコ発編


korekyojin_djamra_live2010.jpg11月28日(日)
新宿LIVEたかのや

http://www.takanoya-records.com/live/top/
03-5919-0228

≪出演≫

是巨人
(吉田達也、鬼怒無月、ナスノミツル)

http://www5e.biglobe.ne.jp/~ruins/

Djamra
(from 大阪)

http://djamra.net/

OPEN 18:30
START 19:00
前売:¥3000
当日:¥3500

(ドリンク別)
※ライヴ当日のみ、是巨人とDjamraの新譜をセットで買うと割引料金となります。

9月4日(土)より当店でもチケット販売開始!

STEVE HACKETT BAND「Trail On The Road 2010 Tour」8月20日(金) 川崎クラブチッタ ライヴレポート

STEVE HACKETT BAND
「Trail On The Road 2010 Tour」
8月20日(金) 川崎クラブチッタ


SteveHackettBand_live-.jpgというわけで、行ってまいりました。この夏の、というより今年の来日のハイライトともいうべき、クラブチッタ&野音三連チャン・シリーズの第一日目。「GENESIS Revisited」時の、ジョン・ウェットン&イアン・マクドナルド入りの来日公演は特別企画でしたし、その後2回はアコースティック・デュオ、「Guitar Was」も、あくまで企画モノ…ということで、自身のエレクトリック・バンドでは実質初来日となった、御大:スティーヴ・ハケット。最新作『Out Of The Tunnel's Mouth』の出来もすこぶる良かっただけに、果たして期待以上に現役感のある、素晴らしいコンサートとなりました。当日、店で景気づけに『Spectral Mornings』をかけていた為か?川崎駅から会場のチッタさんへ向かう途中、脳内で"Clocks"がひたすらリピートされる状況の中、現地に到着。流石と言うか、チケットは完売状態で、ビッシリ満員の客席が御大を迎える事となりました。来日メンバーは以下の通りです。

Steve Hackett(g.vo)
Amanda Lehmann(vo.g)
Roger King(kbd)
Lee Pomeloy(b.stick)
Gary O'Toole(dr.vo)
Rob Townsent(sax.fl.etc)


steve hackett_out of the tunnels mouthロジャー・キングゲイリー・オトゥールロブ・タウンゼントは、『Out Of The Tunnel's Mouth』InsideOut盤の09年ボーナス・ライヴ・ディスクでプレイしていたメンバーですが、ベースはニック・ベッグス(元Kaja Goo Goo~元IONA)に代わって、「IT BITESで来なかった男」(笑)リー・ポメロイ。そして、ステージ中央で存在感を示していた金髪・長身のお姉様:アマンダ・レーマンは、『Out Of The Tunnel's Mouth』スタジオ盤に3曲ヴォーカルで参加していた女性ギタリスト/シンガー(そういえば、InsideOut盤のブックレットのライヴ・フォトに映っていて、「誰かな?」とか思ったモンです)。オープニングSEに導かれ、いきなり出ました"Everyday"。これぞ、ハケット・バンドのコンサートだよなあ、という、ファンの積年の想いに応える見事なオープニングでした。続いては、新作からの2曲を続けて演奏。アマンダさんのコーラスも効いて、独特のエフェクティヴなコーラス・ワークを聴かせる一方、"Emerald And Ash"の、エキゾティックなイメージから、少々KING CRIMSONっぽい?ヘヴィなパートへの展開など、新作楽曲の魅力が味わえました。タウンゼントのサックスもイイ味出しまくりです。考えてみれば、ハケットのギタープレイがもちろんGENESISオリジンなんですが、意外とロバート・フリップを意識したようなところもあるんだなあ…などと思ったヒトコマでした。そして来ました!"Ace Of Wands"は、ドラムスの迫力が今一歩で、疾走感が上手く出なかったのは残念ですが、御大のギターは絶好調で、ピッコロ…というより「笛」としか言いようのない?物体をピッコロピッコロと吹く、烏打帽&グラサンのルックスで非常に怪しい(笑)タウンゼントも熱演。彼は、フルートというよりはサックス・プレイヤーで、旧曲に新味をつけていてくれました。和み系の(少々PINK FLOYDがかった)大人のプログレ・ナンバー"Serpentine Song"、そして遂に、待ってましたの"Spectral Mornings"!ここでは、アマンダは引っ込んで、基本4人(ギター、ベース、キーボード、ドラムス)+後半にタウンゼント参加の形。これが聴きたかった!という名曲中の名曲に客席は酔いしれて、前半のハイライトとなりました。まさにスペクトラルなギター・ワークは圧巻!ビシッと黒で決めた服を纏い、グラサンなしのハケットの姿が神々しかったです。

そしてアコースティック・タイムに突入。キーボード、サックスとの"Rainbows"から、実際はほとんどソロは無しで"Blood On The Rooftops"へ。この曲からバンド編成に戻っており、続く"Fly On A Windshield"というGENESISナンバーの連発では、「歌えるドラマー」ことゲイリー・オトゥールが観せ場を作っていました。比較的線の細いドラミングも、この辺りに至って調子も上がり、ブイブイと重いポメロイのベースと併せてヘヴィな音を創出。ここも、この日の盛り上がりどころでした。そしてアマンダも戻って、『Out Of The Tunnel's Mouth』からの2曲。ブルージーな"Still Waters"では、アマンダがギターを持たずヴォーカルをとる等、オッという場面も多かったですね。ブルーズを演っても、単なるブルーズには終わらないのがハケットなるところで、七色のギター・ワークで彩ってくれました。そんなこんなで、「エッ、もう!?」という感じで、本編ラスト"Los Endos"へ。私も、思わず身を乗り出して、盛り上がってしまいましたよー!やはり最強の〆曲ですね!

スタンディング・オベーションの中、ステージに戻ったバンドは、これもお待ちかね"Firth Of Fifth"、イントロ付き、ヴォーカル入りフル・ヴァージョン。せっかくソロ・エレクトリック・バンドのライヴなんだから、そんなにGENESISナンバーは要らないんじゃないか、とすら考えていた筆者ではありますが、やはりコレはコレで感激モノ。当たり前ですが、本物がギターを弾くわけですから…感無量というものです。そしてオーラスは、これも聴きたかった"Clocks"!事前にもらっていたセットリストでは、この曲の後に「?」が付いていて、ひょっとしてご機嫌次第では演らないのかしら?という心配もあったのですが、よかったよかった(笑)。いち早く"カルミナ・ブラーナ"を採り入れた、これもハケットのソロならではの名曲(お約束のドラム・ソロも、ちょっと長過ぎましたが(笑)ありでした)で、至福の一夜は幕を閉じました。時にPM 9:50.金曜ということでPM 8:00スタート、10分押しぐらいですから、実質インターバルなしの1時間半。ちょっと物足りない、でもちょうど良い満腹感で、絶妙のセットだったと思います。全体的にいわゆる再現モノではなく、あくまで現役ロック・バンドの来日公演という感じで、新作アルバムからの楽曲を中心に、ソロ代表曲とGENESISナンバーをとり交ぜて、というバランス、個人的には凄く良かったと思います。「しまった!最新作を聴いていなかった!」という方は、ワールド・ディスクに入荷中ですので(笑)、『Out Of The Tunnel's Mouth』を復習していただきたいですね。そんなこんなで、今年のプログレ系ライヴのベストに数えられそうな、感激のコンサートでありました。翌日のルネッサンスも、これに負けない演奏を期待しましょう(※このレポートを書いていたのは8月21日ルネッサンス公演を観に行く前でした)。とにかく一言、凄く良かったです!御大ハケット先生と、その仲間達に大拍手と大感謝!そしてクラブチッタさんにも、実現していただいてありがとうございました!帰りの道中、今度は"Everyday"が私の脳内でリピートされ続けていました。

≪セットリスト≫

1:Intro(Walk-On Music)
2:Everyday
3:Fire On The Moon
4:Emerald And Ash
5:Ace Of Wands
6:Serpentine Song
7:Spectral Mornings
8:Rainbows
9:Acoustic Guitar Solo
10:Blood On The Rooftops
11:Fly On A Windshield
12:Sleepers
13:Still Waters
14:Los Endos

【アンコール】
15:Firth Of Fifth
16:Clocks

キース・エマーソン&グレッグ・レイク来日公演、東京追加公演が決定!

キース・エマーソン&グレッグ・レイク
JAPAN LIVE 2010


emerson-lake.jpg≪東京追加公演決定!≫
10月8日(金)
渋谷C.C.Lemonホール

http://www.cclemon.jp/

OPEN 18:30
START 19:00
S席:9000円
A席:8000円

(座席指定/税込)
http://www.udo.co.jp/Artist/KeithEmersonGregLake/index.html#tokyo_ex

ネット先行予約(S席のみ):8月24日(火)11:00~9月3日(金)18:00
ネット一般/電話予約:9月4日(土)より

【問合わせ:ウドー音楽事務所】
03-3402-5999

【公演詳細/チケット予約など】
http://www.udo.co.jp/Artist/KeithEmersonGregLake/
プロフィール

店長 中島俊也

Author:店長 中島俊也
★WORLD DISQUE店長の中島です。
御来店の際はぜひお声を掛けて下さい。おススメの1枚からマニアックな話題まで、お気軽にどうぞ!!

Twitterでも
最新情報がチェックできます!
https://twitter.com/WORLD_DISQUE

■ABOUT WORLD DISQUE■
当店は全世界屈指の品揃えのユーロ・ロック、プログレッシヴ・ロックの専門店です。新品から中古まで、CD/DVDも豊富な品揃えで皆さんをお待ちしています。ほとんどの商品を試聴できます!!

ADDRESS:〒161-0033
東京都新宿区下落合3-1-17
メゾン目白102

TEL:03-3954-5348 (店頭)
TEL:03-3954-4897 (通販)
FAX:03-3954-9563 (共通)
※通販の電話受付時間は平日の15時~18時までとなります。


■営業時間■
店舗と通信販売は営業時間帯、定休日が異なります。ご注意下さい。

<店舗>
■月、金、土曜日
13:00~20:00
■日曜日・祝日
13:00~19:00

※火、水、木曜日は定休日です
(祝日の場合は営業)。


<通信販売>
■月~金曜日 
15:00~18:00
※土・日・祝日は定休日です。

詳しくはここもしくは、カテゴリ内「WORLD DISQUEとは」をご覧下さい。

最新記事
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード