FC2ブログ

TERRY BOZZIO With CHAD WACKERMAN 11月21日(土) 六本木 STB

TERRY BOZZIO With CHAD WACKERMAN
11月21日(土)
六本木 STB

terrybozzio_live200911part2.jpg

ハイ・ペースで来日ツアーを行っているテリー・ボジオ(dr)の09年秋ツアーのパート2、東京最終公演。パート1では、ラテン系セッション・プレイヤーにして先生格の?エファイン・トロと、パート2ではザッパ・スクールの後輩チャド・ワッカーマンとのドラム・デュオでのツアーとなっていました。観慣れたつもりでも、やはり圧倒されるボジオの超巨大なドラム・セット。海外では共演済み(DVD『The Drum Pad's』に収録されていましたよね)とはいえ、日本では、ワッカーマンのデュオは初。全編即興でしたが、気心の知れた二人だけに、流石の間合いと呼吸でダイナミックなドラム・オーケストラ的世界を展開していました。チャドが基礎を作って、ボジオが広げる、というパターンのみならず、逆もありで、時にシリアスに、クライマックスでは激しく(ボジオの例のロール+シンバルの瞬発力は健在!)。タムでメロディックな色をつけつつ、ミステリアスな響きのパーカッションやグロッケンまで、セットを縦横に使いこなすボジオ。対して、ボジオのセット(小)を使い、絶妙に呼応するチャド。超絶テクニックの見本市に終わらないイマジナリーな内容は、ドラム・アーティスト:ボジオの面目をほどこすものでした。2人とはいえ、ドラムだけでこれだけ魅せる&聴かせるとは、脱帽です。アンコールには、2人で"Black Page Part.1"!長期ツアーの疲れを感じさせない、見事な集中力で叩き切った2人に拍手!

DEAD END 11月20日(金) 渋谷AX【DEAD END Tour 2009 "Metamorphosis"】

【DEAD END Tour 2009 "Metamorphosis"】
DEAD END
11月20日(金)
渋谷AX

DEADEND.jpg


というわけで、公約通り?行ってまいりました。20年ぶりの復活作『Metamorphosis』をリリースした、80'sジャパニーズHMきっての異形バンド:デッド・エンドのライヴ!なんだかんだで当時ライヴを観られなかった私メとしては、まさに積年の願いが遂にかなったわけです。万が一の事態(行ったら入れなかった)に備え、当日券をディスクガレージさんに問い合わせたところ、予約ができるとのことで、しっかり押さえてから会場へ。出遅れてしまったため、スタンディングでスシ詰めの会場内の後方で観ることに。客層は、予想通り年齢高めで、男性6:女性4ぐらいだったかと。当時観た人が半分ぐらいという、中々良いバランスで、1000人ぐらい集まったんじゃないでしょうか?頭の3~4曲が、あまりに見えなかった為、このままでは一生の後悔と、背中のリュックと上着を下に敷いて、その上に立つという荒技をやってしまいました(笑)。十字架をモチーフとした鉄骨も組まれたステージ上には、ピーター・ゲイブリエルばりの?黒衣装で仁王立ちのMORRIE、グラサン&野音で昔使った衣装を纏ったYOU、遠目には昔と全く変わらないケバ派手なCOOL-JOE、この日のみサポートドラマーを務める真矢(LUNA SEA)が、本当に居ました。フロントの3人の並びを、この目で見られるとは…これだけでは信じられない想いでしたね。"疑似ヴィーナス"をイントロSEに、新作ほぼ全曲+旧曲の構成、新曲も(前週の大阪を経て)こなれており、割と前半に固めてプレイされてましたが、クライマックスに持ってきた、新作のラスト曲"冥合"(ストロボ・ライト使用)が特に圧巻!新たな名曲が生まれたと思います。そして、MORRIE言うところの「ディープな」旧曲群!プログレ者の私の好みに合わせたかのような(100%思い込み?)デッド・エンドならではの≪変な≫曲をあえてセレクト。普通演りそうな"So Sweet So Lonely"とかではなく、『Zero』からは2大名曲"I'm In A Coma" "Promised Land"、泣けました。ヌーヴォ・イミグラート With YOUの時もプレイされた"Godsend" "Song Of Lunatic"『Shambara』からは、"Surpent Silver" "I Can Hear The Rain"…彼らを聴きまくっていた高校時代にフラッシュ・バック。予想外に『Dead Line』からもプレイされ、"Frenzy"はともかく、アルバムではペール・アキュート・ムーンの仙波基がキーボードをプレイしていた怪奇幻想な名曲"Beyond The Re-incanation"まで聴けるとは…ビックリです。アオるMCを演るでもなく(でも関西弁)、ステージ上をゆっくり歩くだけでオーラを放っていたMORRIEは、声も良く出ていましたし、何より格別の存在感はカリスマティックと呼ぶに相応しいものでした。楽曲の肝のYOU、実は手数多くウネるCOOL-JOEのプレイもバッチリ、サポートの真矢もミスることなく、実は凄く難しい事で定評のあるデッドエンド曲を堅実に支えていました。総じて全く衰えのない、89年のすぐ続きと錯覚してしまうような、素晴らしいライヴでした。3度に及ぶアンコールで、たっぷり大満足の2時間数十分、想い入れが強いため、評価が50%増しくらいになっているとは思いますケド、客観的に考えても名演だったのでは?カメラは回ってなかったですが、せめて音源だけでも出して欲しいです。個人的には今年のベスト・ライヴ有力候補!この奇跡に、メンバーに、感謝したいと思います。それにしても、MORRIEと一緒に歌えるとは…"魑魅魍魎どもがぁ~"とか、"奇怪な遺伝子を~伝えるためぇ~"とか、ヘンな歌詞を口ずさみつつ、涙を眼にためていた私って一体…(笑)。いや、そこがDEAD ENDたるところ、好きなんですよホント。是非とも活動継続を望みますが、先のことを考えない美学の彼らだけに、今回もまた幻となるやも知れず。とにかく観れて良かったです!!!
プロフィール

店長 中島俊也

Author:店長 中島俊也
★WORLD DISQUE店長の中島です。
御来店の際はぜひお声を掛けて下さい。おススメの1枚からマニアックな話題まで、お気軽にどうぞ!!

Twitterでも
最新情報がチェックできます!
https://twitter.com/WORLD_DISQUE

■ABOUT WORLD DISQUE■
当店は全世界屈指の品揃えのユーロ・ロック、プログレッシヴ・ロックの専門店です。新品から中古まで、CD/DVDも豊富な品揃えで皆さんをお待ちしています。ほとんどの商品を試聴できます!!

ADDRESS:〒161-0033
東京都新宿区下落合3-1-17
メゾン目白102

TEL:03-3954-5348 (店頭)
TEL:03-3954-4897 (通販)
FAX:03-3954-9563 (共通)
※通販の電話受付時間は平日の15時~18時までとなります。


■営業時間■
店舗と通信販売は営業時間帯、定休日が異なります。ご注意下さい。

<店舗>
■月、金、土曜日
13:00~20:00
■日曜日・祝日
13:00~19:00

※火、水、木曜日は定休日です
(祝日の場合は営業)。


<通信販売>
■月~金曜日 
15:00~18:00
※土・日・祝日は定休日です。

詳しくはここもしくは、カテゴリ内「WORLD DISQUEとは」をご覧下さい。

最新記事
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード