FC2ブログ

THREE FRIENDS LIVE 9月20日(日)青山 月見ル君想フ

THREE FRIENDS LIVE

9月20日(日)

青山 月見ル君想フ

threefriendslive.jpg

というわけで、行ってまいりました。元GENTLE GIANTケリー・ミネア(kbd)ゲイリー・グリーン(g)マルコム・モルティモア(3rd期のdr)をフィーチャーした、いわばセルフGGトリビュート・バンド:THREE FRIENDS。私メが観たのは、3日公演の中日の夜に設定された追加公演です。予告通り、専任ヴォーカル、ツインキーボード、ツインギター、ベース、ドラムスの7人編成でステージの上でオジさんでギュウギュウ状態、実は、個人的なミスで出遅れてしまいまして、頭の2曲は見逃してしまいました(大泣モノです…後で観たセットリストによれば、"Prologue" と "Playing The Game"を演ったみたいですね)。とはいえ、"The Advent of Panurge" "I Lost My Head"と進むにつれて、すっかりGGワールドに引き込まれ、デキ上がってしまいました。レアな2ndの1曲目はじめ、初期マニアック選曲&中期以降の代表曲というセレクトでしたね、最初、どっちがケリー・ミネア?という感じ(失礼)だったんですが、ヴォーカルを取ったところで、向かって右側と判明。"Just The Same"あたりから客席(こちらも私含めオジさんでギュウギュウ…笑)も盛り上がってきて、"Boys In The Band" さらには"School Days"へ。アンコールには、待ってましたの"Free Hand" "Peel The Paint"。予定外の?もう一発アンコールで "Giant"サービスと、大充実の2時間弱でした(アッという間)。確かに、シャルマン兄弟不在ゆえ、楽器持ち替えの技はありませんでしたが、再結成10ccのメンバーだというヴォーカル:ミック・ウィルソンも大健闘していましたし、メロトロン音も繰り出すミネア、そして予想以上に<叩けていた>モルティモアは流石の存在感。何より、個人的にはゲイリー・グリーンが素晴らしかったです。案外ブルージーで、ワウも踏むソロ・プレイ、そしてDVDでおなじみの、あの足踏みステップ!これが観れただけでも半ば満足してしまったほど(笑)。まあとりあえず、GGそのものではないとはいえ、本人がプレイするGGナンバーという事で、トリビュート企画として考えれば極上でしたし、会場に集まったGGマニアの皆さんも大満足だったんじゃないでしょうか?初期GGの姿をVERTIGOの香りも含めて、プログレ40周年の今、日本に届けてくれた彼らに感謝!いやー、良かったですよ。

桜井さん、お疲れ様でした

身内事ではございますが、
10年間EURO ROCK PRESS編集部に在籍し、
ライヴ写真やデザインでも活躍した桜井敬子女史が、
今月18日をもって退社しました。

色々と大変でしょうけど、
是非今後もかんばっていただきたく、
エールをもって送り出したいと思います。
本当に長い間、お疲れ様でした!!

ぼくのなつやすみ 第三弾(最終回) ~十一面観音グレイト!~

0909silver2.jpg0909silver1.jpg



先日いただいた3日間のお休みを使い、京都の実家にプチ帰省いたしました。特にお寺さん回りとかは行わなかったんですけど、せっかくなので、滋賀/湘北エリアへ。かの、みうらじゅん氏も絶賛していた、向源寺(通称・渡岸寺観音堂)で、国宝・十一面観音立像を、まさに拝んでまいりました。いや素晴らしかったですよ。京都から新快速で米原まで出て、更に北陸本線に乗り、彦根、長浜あたりを経て高月駅下車、徒歩約10分の所に向源寺はあります。とりたてて仏マニアでも専門家でも無い私メですが、それでも十一面観音がいかに秀れた仏かということは実感できました。いやー、イイブツ、観させていただきましたよー。アクセスの不便さがネックの湘北エリアですが、こと仏像に関しては宝庫と聞いていますので、また機会があればじっくりと観て回りたいと思います。

9月第三週目についてのお知らせ

<お知らせ>
From ワールド・ディスク

来たる9月17日(木)は、誠に勝手ながら、PM6:00閉店とさせて頂きます。
お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願いたします。


<個人的なお知らせ>
「夏休みをとらせて頂きます」
(ワールドディスクは通常通り営業いたします)

私こと中島は、来週明けの9/14日(月)から9/16(水)まで、夏休みをとらせて頂きます。
14日と16日は、店舗の方は通常通り営業しております。買い取りやお問い合わせでご不便を
かける時もあるかもしれませんが、御来店の程、よろしくお願いいたします。

シェラザード 2009年9月12日(土) 恵比寿 Live Gate

sheherazade_LIVE2009.jpg

実に6年ぶりとなった、NOVELAの前身にして、レジェンダリーな関西プログレ・ハードの祖:シェラザードのライヴ。ドラムスには、すっかりおなじみの堀江"このおっさんだけは"睦男を迎えて、たっぷり2時間、ハード&ドラマティックな世界を味わえる演奏を展開してくれました。アンジーさんの声も好調でしたし、目立ったミスもない、久々とは思えない流石の内容でした(6日に大阪で演ったので、暖まったのかも?)ギッシリ・スシ詰めのスタンディングで、後ろだったため見えづらかったのも少々ですが、今やオヤジ層(私含め)のほうが多い(ex ヴィオロンの姉さん連れも健在でしたが)観客の盛り上がりもなかなかで良かったと思います。川上編集長の話では、"バンマス"寿太郎さんが率いるスターレスの初期ライヴでも演っていたという"ラプソディー"(名曲!)はじめ、未公開の曲も多く、一方ではプログレ寄りの組曲"燃ゆる光"をハイライトにプレイ。結成当時の話で盛り上がったMCでも出ていましたが、強引に例えるなら、NOVELAをQUEENだとすれば、シェラザードはURIAH HEEP。永川さんのオルガン主体のプレイも、適度なヨレが素晴らしいTeruさんのギターも含めて、案外シンプルな構成の中で、歌メロ→キメ→ソロバトル、というテイストが彼らなんだなあ、と。メンバー全員の昔キャラの立ちっぷりも言うに及ばず、70年代関西アンダーグラウンドの香りを運びつつ、「まだまだ現役」(アンジーさん)たらんとするパワーに溢れた一夜でした。そういえば公式音源は、オムニバス『70's West Japanese Rock Scene』も、90's初頭にクラウンから出た1stも廃盤。未録音の曲も多いことですし、次回ライヴももちろんですが、アルバムも出してほしいなあ、と切に思った次第です。次号EURO ROCK PRESSで、私めがレポートさせて頂きますので、そちらで改めて。ところでアンコールの"ローズ・セラヴィ"には、お姉さま方が大喜びしていましたね。ニクイねこのー(笑)
プロフィール

店長 中島俊也

Author:店長 中島俊也
★WORLD DISQUE店長の中島です。
御来店の際はぜひお声を掛けて下さい。おススメの1枚からマニアックな話題まで、お気軽にどうぞ!!

Twitterでも
最新情報がチェックできます!
https://twitter.com/WORLD_DISQUE

■ABOUT WORLD DISQUE■
当店は全世界屈指の品揃えのユーロ・ロック、プログレッシヴ・ロックの専門店です。新品から中古まで、CD/DVDも豊富な品揃えで皆さんをお待ちしています。ほとんどの商品を試聴できます!!

ADDRESS:〒161-0033
東京都新宿区下落合3-1-17
メゾン目白102

TEL:03-3954-5348 (店頭)
TEL:03-3954-4897 (通販)
FAX:03-3954-9563 (共通)
※通販の電話受付時間は平日の15時~18時までとなります。


■営業時間■
店舗と通信販売は営業時間帯、定休日が異なります。ご注意下さい。

<店舗>
■月、金、土曜日
13:00~20:00
■日曜日・祝日
13:00~19:00

※火、水、木曜日は定休日です
(祝日の場合は営業)。


<通信販売>
■月~金曜日 
15:00~18:00
※土・日・祝日は定休日です。

詳しくはここもしくは、カテゴリ内「WORLD DISQUEとは」をご覧下さい。

最新記事
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード