MAGMA 5/27(水)28(木)渋谷O-EAST

maguma
 と言う訳で、行ってきましたよ、凄かったですよマグマ。今回のコンサートは40周年ツアーであると同時に、現在進行型の彼らを示すという意味で、価値あるものだったと思います。御大ステラ、イザベルと、ジェイムズ&フィリプのONE-SHOTグミg/bは不変でしたが、今回は新たに男性VOと、エレピ奏者、そしてヴィブラフォン&kbd奏者が加入。いつもながらのシンメトリックな配置にて、見事なパフォーマンスを展開してくれました。
 楽曲については、まず荘厳な、未完成だという新曲その1(?)でスタート。そして、暗黒マグマと、アターク期をブレンドしたようなステラVoフィーチャー度のたかい、新曲その2(タイトルも言っていましたが失念、多分、Fe Licite thosz すいません。)をプレイ。短いMCを挟んで、今回のハイライト、現在スタジオ録音中という、70sに作曲された幻の大曲"Emehnteht-Re”完全版!幻と言っても、未発と言う訳でもなくて「LIVE」に入っていた、エンテト・レのテーマから始まり、「アターク」中の”Rindo”,"Hhai”、そして"Zombies"へと移行し、圧倒的なパワーの少し、近し”コ-ンタルコス”を思わせる押しを経て、静かなエンディングを迎えるという形。とにかく凄まじい迫力で、これぞマグマ!と言う内容でした。アンコールに40周年に相応しい原点の曲"Kobaia"(ギターソロあり!)更にラストで、大先生が前に出てきて歌う、スピリチュアルなナンバーでシメ。両日とも、2時間半近くに及ぶ、大熱演でした。
 二日間の比較で言うと、音響/PAの面では圧倒的に2日目がよかったですね。聞こえづらかったヴィブラフォンもよく出ていましたし、フィリップのバキバキ・ベース・パートの鳴りも向上。一方で、2日目の方が、御大のドラミングの自由度も上がりすぎてしまい(笑)ちょっと聴き、結構ヤバイ(実際はそうでもなさそうですが)感じだった”Hhai" イントロの投げっぷりが凄かった”コバイア”など、崩壊寸前?の変なスリルがありました。まあでも、これがマグマですよね。
 とにかく、2日間(クリスチャン・ソロも含めると3日間)物凄く濃ゆいモノを体験してしまい、正直バテ気味ですが、(泣)、素晴らしいの一語でした。有難うマグマ!!

CHRISTIAN VANDER solo show

CHRISTIAN VANDER solo show
5/26(火)岩本町TUC
CHRISTIAN VANDER

 遂に上陸したMAAGMAの御大、C.ヴァンデが本隊の公演に先駆けて行った、スペシャル・ソロ・コンサート。一部で心配された(笑)、ドラム・ソロでは無く、ピアノ弾き語り基本で、(クリ・ヴァン先生、大いに歌う)状態。先頃リマスター/デジパック再発されたソロ作「TO LOVE」からの曲はじめ、オファーリングの”Joia”などが、正に全身全霊のスピリチュアルな演奏で味わえました。マグマ本体のVoとも一味ちがう、コルトレーンの魂と共鳴するかのごとき先生のヴォーカル・パフォーマンスは圧巻の一語。本編ラストにはステラさんも登場、二人でオファーリングのテーマ(!?オイオイ)をやってくれました。エレクトリック・マグマでは、ここまで歌いまくる事はあり得ないですし、オファーリング好きには、こたえられない、文字通りスペシャルな一夜で素晴らしかったのですが、今日2日目にいくので、次回まとめてレポートいたします!!

UKベル・アン紙ジャケ記念!?ミョーに好きな1曲“Nevermore”

 
uk.gif


さてさて、たびたびお知らせしております、ベル・アンティークSHM-CD紙ジャケット「U.K.」3タイトルが、いよいよ5月25日発売です(当店含め、各店頭には前日の24日から並ぶと思います)。で、以前にもどっかで書いたような気がするんですが、U.K.の曲で個人的フェイヴァリットは何故か1stの”Nevermore”。3人でU.K.で再現できなかった・・・・と言うか、次の”メンタル・メディケイション”と共に4人時代のライヴでも恐らく演奏されたことが無い曲ですね。その意味で、逆に4人じゃないとできないというか、価値のある曲だと思うんですよ。ジェントリーなウェットンのvo、そしてハイライトのホーさんとジョブソンのソロ掛け合い&ユニゾン・・・う~ん、やはり名曲ですな。まさかUKZでコレをやってくれるとは思いませんケド、UKZのミニCDのエンディング曲の、マカチェクgが、ミョーに”Nevermore”っぽく聴こえちゃって。
まずは紙ジャケ、押さえませう!!

ラクリモーサ(スイス)奇跡の初来日公演!

ラクリモーサ

 続々とコアな来日が決まってきている昨今ですが、これはかなり奇跡的。スイス産ゴシック・シンフォニック・ハードの雄。LACRIMOSAが来日決定です。詳しくは、ライブのInfoを参照していただきたいのですが、東京公演は7/29日(水)渋谷Club Asia P にて(7/30大阪・梅田amHALL公演も有り)。あの、耽美シアトリカルな男女ツインVoの世界が、デビューから約18年を経て、更に日本で展開されます。前売りチケット(特典付きスペシャル・チケットもあり)は東京は5/23(土曜)より当店でも取り扱います。大阪公演も近日取り扱い予定です。ニューアルバム「あこがれ」(Sehnsucht)は5/25ベルアンティークより、発売予定、輸入盤のみのスペシャル・エディション/デジパックも当店に入荷いたします。ゴシックメタル系マニアのみならずシンフォ派も、この機会は見逃せませんぞ。

言ってるそばから、THREE FRIENDS来日!!

gg_threefreiends.gif

先日、ニュース・ネタで入っていた、元ジェントル・ジャイアントの3人(K.ミネア/G.グリーン/M.モルティアモア)を中心としたセルフGGトリビュート?バンド。ThreeFriendsの来日公演が決定しました。9/19(土)9/20(日)9/21(月・祝)の3日間、青山「月見る君を想う」にて。(開演は全て、13:00ですので、ご注意!)シャルマン兄弟不参加、drもJ.ウエザーズの先代とはいえ、GGのメンバーによる、GG曲(海外のコンサートでは、ほぼ全てGG曲(海外のコンサートでは、ほぼ全てGGナンバーで、全盛期の名曲も多数プレイされているよいうですが)が生で聞けるのですから、これは凄いことです。GGそのものではなく、本人たちによるセルフトリビュート的バンド、、という意味ではUKZと21stセンチュリースキツォイドバンドの中間ぐらいのイメージしょうか?ともあれ、これは見逃せません。キャパがキャパだけに自由席は先行予約で売り切れてしまう可能性も大。ご興味ある方はOffice OhsawさんのHPをチェックの上、チケットを押さえてください。(っていうか私も・・・)状況によっては、WDで前売りが取り扱えるかもしれませんが、今のところ未定ですので、一つ。
office ohsawa
プロフィール

店長 中島俊也

Author:店長 中島俊也
★WORLD DISQUE店長の中島です。
御来店の際はぜひお声を掛けて下さい。おススメの1枚からマニアックな話題まで、お気軽にどうぞ!!

Twitterでも
最新情報がチェックできます!
https://twitter.com/WORLD_DISQUE

■ABOUT WORLD DISQUE■
当店は全世界屈指の品揃えのユーロ・ロック、プログレッシヴ・ロックの専門店です。新品から中古まで、CD/DVDも豊富な品揃えで皆さんをお待ちしています。ほとんどの商品を試聴できます!!

ADDRESS:〒161-0033
東京都新宿区下落合3-1-17
メゾン目白102

TEL:03-3954-5348 (店頭)
TEL:03-3954-4897 (通販専用)  
FAX:03-3954-9563 (共通)

■営業時間■
店舗と通信販売の営業時間帯、定休日が異なりますので、御注意ください。

<店舗>
月、水~土 
13:00~20:00

日・祝
13:00~19:00

火曜定休日
(祝日が火曜の場合は営業)

<通信販売>
月~金 
11:00~17:00

土・日・祝日定休日

詳しくはここもしくは、カテゴリ内「WORLD DISQUEとは」をご覧下さい。

最新記事
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード